SSブログ

メイプルソープの男性器写真、やはり芸術作品でした。 [芸術]

メイプルソープ写真集をめぐる裁判が決着した。アメリカの写真家、ロバート・メイプルソープが撮った男性器が写っている写真集が猥褻(わいせつ)かどうかで争われていた裁判で、最高裁は今日、写真集はわいせつ書籍に当たらないとする判決を言い渡した。下級審である東京高裁では猥褻に当たると判決していて、最高裁の判決はこれを覆す結果となった。私は昨年11月、東京高裁の判決は不当ではないかという意見をここで述べたが(http://blog.so-net.ne.jp/karubi53/2007-11-14)、最高裁がメイプルソープの写真集を猥褻ではなく芸術作品だと認めたことはひとまずよかったと思う。ただ、今回の判決は裁判官4人の全会一致ではなかったことが残念だ。

もう一つ、判決文の一部に少しだけ気になる表現がある。判決文は、写真集が芸術作品としての意図を持って編集されていること、約400ページのうち男性器が写っているものは19ページにとどまることなどを総合的に考慮し、この写真集は性欲を刺激するような猥褻な書籍には当たらないと判断したと述べている。私が気になるのは最後の、「性欲を刺激するような猥褻な書籍」という部分である。この表現は、「性欲を刺激するものは猥褻な書籍」であると言い換えることができる。これはどう考えてもおかしいのではないか。写真集、絵画、小説、映画など、性欲を刺激する素晴らしい芸術作品はいくらでも存在するのではないか。暴論かもしれないが、芸術作品の目指す一つのカテゴリーは性欲の刺激なのではないだろうかと思う。例えば、性的な興奮を求めて谷崎潤一郎や吉行淳之介の小説を我々は読んできたのではないだろうか。

猥褻の定義は何かとか難しいことを言う人がいるが、すべての人が納得するような定義なんかありっこない。常識とか社会通念とかいうものを判断の定規にするしかないのである。この常識とか社会通念とかいうぼんやりしたものが、共同体のなかでは実に有効なツールなのである。それじゃ、常識って何と突っ込んでくる理屈っぽい人がいる。こういう手の人は本当に厄介だ。常識なんて簡単なことで、10人に聞いて、7人~8人が同じことを言ったらそれが常識だと私は考えている。でも、この常識は時間とともに変化することにも注意しなければならない。いつまでも古い常識にしがみついていると、だんだん常識ではなくなって非常識に変わることもある。

最高裁の裁判官は(裁判官でなくともその指示を受けた人が)、東京や大阪や名古屋の街に出て、メイプルソープの写真集を持って道行く人1000人くらいに「この男性器の写っている写真は卑猥に思いますか?」と聞けばいいのである。私は本気でそう思っている。そうすれば多分、800人以上の人は「猥褻ではない。」「奇麗だ。」「面白い。」と答えるだろうと思う。常識というものは、明晰な頭脳を持つ裁判官とか偉い方々が意識して作れるものではなく、世間一般の人たちが世の中の流れを感じながら自然と形成していくものである。裁判官だって、彼の写真集を見て少しは興奮したんじゃないですか。でも、それでいいじゃないですか。

くだらない話だが、メイプルソープというと、食べるほうのメープルをつい連想してしまう。高血圧にはよくないのは承知しているが、パンにマーガリンを塗って、その上からメープルシロップをたっぷりかけて食べるのが好きなのだ。そんなことを思いながら家の近くにあるデイリーヤマザキというコンビニに行ったら、この頃人気が出ているランチパックに、メープル+マーガリンというのがあることがわかった。さっそく購入し、明日の朝食べることにした。でも、朝からこの組み合わせは強烈かもしれない。ということで、一緒に脂肪分を落とす効果があるといわれているサントリーの黒ウーロン茶も一本買った。でもこの黒ウーロン茶、本当に効果あるんでしょうね。

写真は、メイプルソープの作品。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 2

蝶々

猥褻か芸術か・・・
猥褻と芸術を湧けて考える必要があるのでしょうか?
と、思ってしまう今日この頃。
蘇民祭といい、ソープといい、この頃、男性器が問題になってますね。
飛び出している器官ゆえに、物議をかもしてしまうようですが、
なぜか、男の悲哀のようなものを感じてしまいますーー;
by 蝶々 (2008-02-19 23:04) 

karubi

飛び出している器官、これ、気に入りました。
ソープの写真を見ても、完全に飛び出しているのがわかりますね。
ところで、裁判官の理屈もわかったようでよくわかりませんね。
彼らもいろいろ悩んだんでしょうね。猥褻と芸術。
蝶々さんのおっしゃるように、無理矢理分けて考えようとするから
難しくなるのかもしれません。蘇民祭もそうでした。
男の悲哀。なるほどそんな感じもしますね。

karubi
by karubi (2008-02-19 23:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。