So-net無料ブログ作成

上野、新宿、愚かな私は、どんどん愚かになっていく。 [上野・浅草]

erika-sawajiri-00354486.jpg今日は政治の話から。民主党、小沢幹事長にいつもの元気がない。その理由は、政治資金規正法をめぐる問題で、検察が小沢氏を不起訴処分としたのは本来「起訴が相当である」という議決を一昨日、検察審査会が行ったからだ。

それにしても、検察審査会とは一体何なのだろうか。検察審査会はくじ引きで選ばれた11人の有権者で構成される。つまり、法律の素人が起訴すべきとか、起訴すべきでないとか、そういう大切なことを決めるわけだ。そもそも、ずっと私が批判している裁判員制度やこの検察審査会は、「庶民感覚」というものを司法の判断に採り入れていこうという発想で始まっている(もちろん、アメリカのモノマネだが)。

「庶民感覚」と言えば聞こえはいいが、本当にそれでいいのかと私は思う。なぜなら、「庶民感覚」なんて実にいい加減なものだからだ。移り気で、ムードに流されやすく、自分本位で、包容力がない、そんな「庶民感覚」を司法の場に持ち込むべきではない。大切なことは常に「常識的」ということで、検察官が常識的でないというなら別であるが、そうでないのなら、司法に係ることはすべて法律のプロだけで仕切ってもらいたいと思う。

そういえば、スペインの哲学者オルテガは、現代社会は、自己本位で愚かな大衆によって支配されていると説いたが、私も含め、大衆というのはいつも愚かな存在かもしれない。それでは、愚かな大衆はこれから少しずつ賢くなっているのか、それとも、さらに愚かになっているのか。皆さんはどう思われるだろう。私は後者、つまり、大衆はますます愚かになっていくと思う。

なぜなら、大衆に対する過剰保護は強まる一方だからである。保護は構わないが、過剰保護はいけない。過剰保護で育った子どもは、総じてわがまま、自己本位で協調性に欠ける傾向を持つが、大衆に対する過剰保護もこれに似ている。弱者救済、消費者保護はいいいけれど、どれも程度問題であり、行き過ぎてしまえば、大衆は自分の権利ばかりを主張し、どんどん愚かになっていくだけだ。

さて、つまらない話はこれくらいにして、次はお酒の話。昨日、珍しく会社に遅くまでいたので(といっても午後7時頃だが)、残業していた社員3名の仕事を強制終了させ、上野駅近くにある大衆中華料理店で飯を食った。注文したのはエビチリ、酢豚、餃子、麻腐豆腐、チャーハンなど実に庶民的というか、芸のないメニューばかり。でも、安くて旨かったし、紹興酒もまあまあだったから、よしとしよう。

私はそれから一人新宿に向かった。ゴールデン街で軽く飲んでから、近くのカラオケができるバーに行き、今仕込み中の松山千春を激唱してきた。結局その店を出たのは午前2時頃。また、やってしまった。

写真はなにかと話題の沢尻エリカ。彼女の写真をいろいろ調べていたら、笑顔の写真があまりないことに気付いた。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

たかね

karubiさんこんにちは

まだ一度しかお会い(26日at琥珀)したことがないのですが、エロさ・エンテリさのバランスには、私が女だったら惚れるとこです(スミマセン男ですぅ)。そのとき一緒だっと上司と、ブログを読んで盛り上がっておりまする。(私も↑後者です。ほんと何とかして欲しい。含む自分)

山わさび ご馳走さまでした。

ゆうちゃん、さいこー!


by たかね (2010-04-30 16:38) 

karubi

たかねさん、コメントありがとうございます。
先日お会いしたの、よく覚えております。
バカ話ばかりしていつも反省してます。
山わさびの醤油漬け、気に入ってもらえて嬉しいです。
北海道の美味しい幸、これからもお店にお持ちしますので、
そのときは是非ご賞味ください。
またお店でご一緒できるとうれしいです。

karubi

by karubi (2010-05-01 12:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます