SSブログ

食欲、性欲、金銭欲、物欲、われわれのことです。 [時事]

IMG_0100.JPG驚くような出来事が本当に毎日のように起こる。この世の中に平安な一日なんて一日も存在しないのではないか、そんな気にもなってくる。大阪では、23歳の母親(母親といっても、写真を見ると実に幼い感じがする。)が、3歳と1歳になる自分の子どもを放置し、餓死させた。また、東京では、民家で生きていれば111歳になる老人の白骨化した遺体が見つかった。実は30年前に亡くなっていたのではないかと見られている。

貝原益軒は人間の基本的な欲望は、食欲と性欲だと言ったが、このような事件を見ていると、この世を支配しているものは悲しいかな、人間のギドギドした金銭欲、物欲といったものではないかとつくづく思う。東京のケースでは、老人が生きている前提で支給された年金などを、家族が使ってしまった疑いが持たれている。

金銭欲も物欲も、何も今始まったわけではない。でも、それらの欲望に基づいた異常とも思える事件が、どうして今の時代に起きるのだろうか。専門家の方々のいろいろな分析はあると思うが、私が考える原因の一つは、「多くの人たちにとって、今は夢のある時代ではない」ということだと思う。

「貧しくも美しく生き」という言葉があるが、お金がなくても、自分の欲しいものがすぐに手に入らなくても、ちょっとがんばれば先が開ける、未来がある、そんな時代ならば、我慢がきく。映画「三丁目の夕日」の時代は、まさにそういう時代だったのだろうと思う。今の時代はどうだろうか。才能ある人にとって、時代の変化は関係ない。才能で食べていけるからだ。でも、世の中の99%を占める我々凡人は、経済の微妙な変化に翻弄されながら生きている。とりわけ今の時代は、これまで日本が経験したことのない低成長時代で、給料が上がるどころか、下がってしまうような辛い時代であり、そこそこ生きることさえ「体力と知恵」が求められる。だから、あー、嫌になっちゃう、すべてが馬鹿馬鹿しい、そう思う人が出てきても全然おかしなことではない。

その他の理由として、「価値観の多様化、個性をあまりにも安易に許す世の中になった」「極端な勧善懲悪の世の中、綺麗事の世の中になった」こと等、いろいろな原因があると思う。いつの時代も、世の中の仕組みを変えるのは政治の仕事である。しかしながら、もし政治家まで金銭欲、物欲に翻弄されているとすれば、日本は本当に沈没してしまうかもしれない。

さて、今日はまたまた釧路に来ている。羽田からの便には多くの観光客が乗っていたが、ビザ支給要件の緩和を受け、これからは中国人観光客も激増することだろう。ところで、写真は今朝の羽田空港の様子であるが、中国語で「全日空」は、「終日、空席」という意味だそうだが、中国人観光客がたくさん来てもらえば、「終日、満席」になるかもしれない。



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 4

まさまさ

平凡な日々の暮らしの中でのささやかな幸せ。家族そろっての団欒、夕食。はずむ会話。鳥の泣き声、美しく咲く花、きれいな夕日、心地よい風。(今日は詩人だな~)
by まさまさ (2010-08-03 09:19) 

karubi

まさまささん、こんにちは。
暑い日が続きますね。
私は北海道出張で少しだけ避暑してます。

何事もなく平凡に暮らす、簡単なようですけど
実は大変な労力のいることのような気がします。
家族の団らんがある、それだけでも幸せなこと
かもしれませんね。

karubi
by karubi (2010-08-04 08:48) 

たかね

たくろうの歌 ・・・  麦わら帽子は どこ行った~♪

100円ショップで買ったら? なんて、今の子供たちに切り返される。そんな情緒もないような世界観が、世の中を支配しつつあります。

モノが溢れている一方、情報も溢れ、世界は既知感?既視感?で逆に閉塞した感じがします。クローズドな世界になると、精神論や建前・権威といったものが幅を利かせるようです。あたかも尺度が一つかのような、世界観が語られるのです。だから夢も見れなくなるのだと思います。

そんなときは、歌でも歌うのです。昔のセンチな映像が頭をよぎり。。。今生きている世界と別の世界があったことを思い出すのです。同じように、将来も、まだまだ何が起こるかわからない!のです。

私が恋をするかもしれないでしょう。(ぷっ)




by たかね (2010-08-06 11:10) 

karubi

たかねさん、こんばんは。
立秋も過ぎ、暦の上ではもう秋。
♪今はもう秋 誰もいない海
ご存知、トワ・エ・モアの「誰もいない海」ですが、
秋といっても今年の日本列島はまだまだ暑いですね。

さて、吉田拓郎に「今はまだ人生を語らず」という名曲が
ありますが、そこにこんな歌詞があります。
♪今はまだまだ人生を語らず
目の前にも まだ道はなし
越えるものは すべて手さぐりの中で
見知らぬ旅人に 夢よ多かれ

旅人に夢が多い時代であってほしいと願いますが、
なかなかそれが難しい時代になっています。
でも、そんな世の中にしてしまったかなりの部分は
我々大人の責任であることも忘れてはいけません。

私もいろいろ反省しきりです。

karubi


by karubi (2010-08-08 21:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます