SSブログ

性交後、成功率は80%? [時事]

RIMG0084.JPG世の中には、あっと驚くような商品があるものだ。今朝の毎日新聞に、厚生労働省が2月に販売を許可した「緊急避妊薬」の話が載っていた。この「緊急薬」を性交後72時間以内に服用すると、妊娠を防ぐことができるのだという。妊娠しないために性交前に飲むピルとか、コンドームのことはもちろん知っているが、「事後」でも妊娠しないように出来る薬があるなんて、ビックリしてしまった。

あるクリニックで、来院した女性を対象に「緊急薬」を必要とした理由を調べたところ、「コンドーム破損」(注1:それにしても「破損」という言葉には感動する。要するに、破れちゃったということだろう。)が一番多くて37%、その次が「避妊せず」で20%、次いで「コンドーム脱落」(注2:またまた「脱落」とは感動する。要するに、外れちゃったということだろう。)の16%と続く。

この数字だけ見ると、コンドームの「破損」「脱落」合計で53%となるから、避妊の失敗の過半はコンドームを適切に使えなかったことが原因であることがわかる(ちょっと下品な話で恐縮であるが、「破損」するくらい「元気」だったのは私の場合、随分昔のことのように思う。失礼しました!)。

「緊急薬」の使用を安易に認めることに反対する人もいるという。避妊をしないで性交をして、それから72時間以内に「緊急薬」を服用すれば妊娠しないわけであるから、そうする人が今後増えるかもしれない。が、これに対して反対論者は、基本的にはコンドームとかピルによる避妊をして(これらの避妊成功率はともに9割程度あるらしい)、万一のときに限り、「緊急薬」を使用するよう主張している。

「緊急薬」の成功率(注3:「性交率」ではありません。)は80%でピルの成功率より劣るが、ピルに比べると吐き気、めまいなどの副作用が少ないらしい。もしそうであれば、成功率が多少劣っていても、副作用の少ない「緊急薬」を使用したいという選択肢はあるわけで、「緊急」ではなく「常用」する薬として位置付けてもいいような気もする(この辺りは、女性側の考え方も聞いてみないといけない)。

いずれにしろ、妊娠を望まない人が妊娠し、妊娠を望む人が妊娠できない、そういう現実があるわけで、世の中はなかなか思うようにいかない、そんなことを改めて感じる話である。

写真は、0.02ミリのコンドーム。「破損」と「脱落」は大丈夫?
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

蝶々

男とはずうずうしい(失礼)けなげな生き物で、ぜひとも自分の精子をばらまきたい本能があるらしく、コンドームに穴を開けて、わざと破損させる輩も実際に存在するようです。
そのような『だまし討ち』戦法をつかうような卑怯者の子孫は、女の目から見たら、産み育てる値打ちはないもの。まあ、そんな事情ばかりではないにせよ、アフターモーニングピルは女性保護の観点から見たら、ごもっともな対処法だと思いますよ。
もっとも、女性の性生活が乱脈になってしまうという欠点もありますけどね。

by 蝶々 (2011-04-16 20:59) 

karubi

蝶々さん、おはようございます。
なるほど、そういう「戦法」に出る男もいるのですね。
その場合、望まぬ妊娠ということですから、緊急避妊薬は
便利な薬ということになりますね。

昨夜、歌舞伎町のバーで横で飲んでいた女性に緊急避妊薬の
話をしたら、うんうんと頷くのですが、どうも反応が悪い。
「あ、そうだった」と話の終わり頃思い出したのは、
その女性はレズビアンだったのです。
この薬、彼女にとっては「そんなの関係ない!」という
ことだったようです。

karubi
by karubi (2011-04-17 08:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます