SSブログ

クリトリスのベニス化で、人類は生き延びるのです。 [時事]

RIMG0075.JPG今日は「コドモの日」。「ドコモの日」ではありません(つまらないです。)。ところで、皆さんは「コドモ」はどのように通常表記しますか。「子供」、「子ども」、それとも「こども」でしょうか。私は最も字数の少ない「子供」とほとんど表記します。まあ、どう表記しても間違いではないと思いますが、「国民の祝日に関する法律」に祝日として定められている「コドモの日」は、「こどもの日」と、すべてひらがなで表記されています。

この法律の第2条に、「こどもの日」の定義が書かれています。曰く「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」。「こどもの人格を重んじる」こと、多少大袈裟な感じはしますが、まあ、いいでしょう。その次にある「こどもの幸福をはかる」こと、まあ、異論はありません。それでは最後にある「母に感謝する」は、どうでしょうか。私の想像ですが、少し違和感というか、人によっては怒りを覚えた方(主に男性)がいるかもしれません。

「父には感謝しなくていいの?」、違和感と怒りの正体はこの言葉に集約されているのではないでしょうか。感謝する相手が母のみになっている理由は知りませんが、揉め事を避けるためにも、ここは「両親に感謝する。」と一般的な表現にしておけば、無難だったような気がします。

昨日、明石家さんまが司会を務める「ホンマでっか?」というテレビ番組を観ていたら、幼児期の子供と親の関係について、面白い話が披露されていました。正確に覚えていませんが、大体次のような話です。幼児期の子供は、母親が幸福であれば、子供も幸福になるが、母親がもし不幸であれば、子供も不幸になってしまう。つまり、子供の幸不幸は母親の幸不幸に連動する、そういう話です。

それでは、父親と子供の関係はどうでしょうか。世の父親の皆様には大変辛いお話になるかもしれませんが、父親が幸福でも不幸でも、子供の幸不幸には全く影響を与えないのだそうです。言い換えれば、幼児期の子供にとって、父親という存在はあまり重要ではない、そういうことです。

さて、先日、こんな話を聞きました。ご存知のように、男性より女性のほうがはるかに長生きする世の中ですが、仮の話ですが、この地球上から男性が一瞬のうちに消え失せ、女性しかこの地球上に存在しなくなったら、一体どうなってしまうのでしょうか?人類は絶滅してしまうのでしょうか。否、そうではないらしいのです。一部の女性が男性化し、人類は絶滅しないのだそうです。

ここからは子供の皆さんには少し刺激的なお話になるかもしれませんが、お許しください。女性の性感帯にクリトリスという器官があります。発生学的には、クリトリスと男性のペニスは源が同じで、クリトリスが隆起してベニスになったと考えられています。でも、ベニスは射精や排尿といった機能を持ってますが、クリトリスにはそのような機能はありません。では、何のためにクリトリスは存在するのでしょうか。それは、ただただ快感を得るだけに存在する器官なのです(『40代からの心と体に効く〔生涯SEX〕のすすめ』)。

さらに驚いたことに、ここからは女性の皆さんにも聞いていただきたいのですが、クリトリスは男性のペニスと同様、陰茎(いわゆる「サオ」)に相当する細長い陰核体と、亀頭に相当する陰核亀頭によって構成されていて、快感を得るための神経が非常に多く集中しているのだそうです。

ここまで生物学的というか医学的にクリトリスとペニスの関係が解明されているのですから、地球上から男性がもしいなくなって女性だけになったとしても、一部女性のクリトリスがベニス化し、種の保存は継続されるという話は、理解できるような感じがします。

結論的なことになりますが、有名なある作家の本のタイトルではありませんが、男というのは所詮、「消耗品」なのかもしれません。

こどもの日にちなんで、「です」「ます」調で今日は記事を書いてみましたが、内容的には適切さを欠いた部分もあるようです。でも、祝日に免じ、お許しください。

写真は、今日の神宮球場の様子です(ヤクルト-中日戦)。私は巨人ファンですが、暇だったので行ってきました。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

蝶々

karubiさん、遅れてしまいましたが、お誕生日おめでとうございます。
さて、問題の栗と栗鼠(こういう書き方をする方がいやらしいですが^^;)
知人の男性ホルモンを定期投与している、おなべの方が、小指ほどに巨大化し成長してきたと自慢?していたことを思い出しました。
自然界は世知辛く、男は辛い生き物のようですが、
せめて、ピカピカのキザでいてもらいたいものです。
by 蝶々 (2011-05-07 00:13) 

karubi

蝶々さん、こんにちは。
お祝いの言葉、ありがとうございます。
昔は人生50年といいましたが、現代人は
あまりにも長生きしすぎているような感じがします。

ところで、蝶々さんも先月お誕生日だったんですね。
お互いこの一年、面白おかしく、そしてなりよりもエロス
に生きていきましょう。

男性ホルモンを投与しているおなべの話、やっぱり
そうなのかという感じですね。
♪ボニー、ボニー あんたの時代はよかった
ではないですが、現代はキザがあまり格好よく映らない時代
なのかもしれませんね。

karubi


by karubi (2011-05-08 12:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます